…平成23年4月いよいよ開園!

2011年01月26日

よつば乳児保育園【 土台作り 】その4


いよいよ、土台作りも終盤です。

生コンが乾いてきたので、上の嵌めていた鉄筋の枠をはずします。
11.07
PAP_0026.JPG
11.07
PAP_0025.JPG

続いて、生コンを流し込んでいた木枠をはずします。
11.08
PAP_0024.JPG
11.08
PAP_0023.JPG

次の工程に備えての足場作りが行われています。
11.11
PAP_0259.JPG
11.11
PAP_0260.JPG

こちらは、下水道の配管をしているところです。
西側道路を一部掘って、配管しています。

11.11
PAP_0237.JPG
11.18
PAP_0227.JPG
11.18
PAP_0226.JPG

posted by ヨシユキ at 14:15| 福島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よつば乳児保育園【 土台作り 】その3


11月2日(火)

コンクリートの部分が固まって

鉄骨を置いて

木枠で囲んで

さらにその部分に生のコンクリート(生コン)を流し込んでいく流れとなります。

11.02
PAP_0052.JPG
11.02
PAP_0051.JPG
11.02
PAP_0050.JPG
11.02
PAP_0048.JPG

生コンを流し込む前に
設計士立会のもとに、配筋検査を行います。
配筋検査の詳細説明は
コチラ
11.04
PAP_0049.JPG
11.04
PAP_0047.JPG
11.04
PAP_0046.JPG

いよいよ生コンを流し込んでいきますが
その前に、流し込むセメントの検査です。
成分や水分の量などを現場で確認し、適正かどうかを再確認します。

11.04
PAP_0038.JPG

次に、生コンをミキサー車からポンプ車?へ注いでいきます。11.04
PAP_0037.JPG

ポンプ車?はこんな車です。かなり長いアームですね。11.04
11.04
PAP_0044.JPG
11.04
PAP_0042.JPG
11.04
PAP_0041.JPG

ポンプ車のホースから生コンを木枠の中に流し込んでいきます。
11.04
PAP_0036.JPG
11.04
PAP_0032.JPG

ブルブル振動する棒を差し込んで、
中に入った空気を抜いたり、生コンを均等化していきます。

11.04
PAP_0033.JPG
11.04
PAP_0034.JPG

続いて、トンボを使って上から押して全体を圧しながら整えます。
11.04
PAP_0030.JPG

最後に、表面をコテで平らにしてキレイにしていきます。まさに職人芸ですね。11.04
PAP_0031.JPG

そして、乾かして固めます。
お天気が良いと予定の日にちで工事が進めることができますが、お天気が悪いとなかなか固まらないため、工事が遅れてきます。今回は良いお天気でしたので安心しました

11.05
PAP_0029.JPG
11.05
PAP_0028.JPG
11.05
PAP_0027.JPG

posted by ヨシユキ at 12:09| 福島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

よつば乳児保育園【 大原土建の社長の話 】


今回、基礎工事にあたり、大原土建さんにご尽力いただきました。

大原土建
福島県 南相馬市 原町区西町3−82−5
電話: 0244-22-3642

10月31日の日曜日のことです。

その日はあいにくの雨模様。というより、前日土曜日夜から
雨は激しく降り続いていました。

日曜日の朝、私が隣接している保育園に用事があって行ってみると
雨がザンザンと降る中、工事現場で作業している人が一人いました。

「あれ?誰か作業している…今日は日曜日で工事がお休みのはずなのに…」と思い、声をかけてみると…なんと大原土建の社長です。

傘も開いたままで放り出して、カッパも着ないでずぶ濡れになりながら
なにやら作業をしている様子。。。。

「社長〜!!雨の中ご苦労様です〜!!何かありましたか〜!?」
と訊いてみると、社長は…

「いやー雨が降っているから溜まった水を出さないとね。」
と笑顔で答えるのです。

確かに、排水ポンプを設置してはいるものの、
それを超える量の雨水が溜まっています。
PAP_0055.JPG

隣りが川のため、地層からも水がしみだしてくるのだそうです。
PAP_0053.JPG

このままでは、泥水でせっかく作ったコンクリートの土台部分が
浸かってしまうのは間違いない状況です。
PAP_0059.JPG

それで、大原土建の社長は水をかき出していたのでした。

社長一人で黙々とやっておりました。

社長はこうおっしゃりました。

「私がやることで次の作業の人に迷惑をかけなくて済むからね。」

…確かにその通りです。

前日までに配置した土台の部分のコンクリートが乾かなければ
次の作業には進めません。

しかも雨でコンクリートが浸かってしまったり、泥水で汚れて
しまうと、せっかくの苦労が台無しになってしまいます。


でも、

…社員も駆り出さず

…日曜日の休みにも関わらず

…ずぶ濡れになりながら

…黙々と一人作業する姿には心打たれました。

『嗚呼、この人に任せたら大丈夫だ。。。』しみじみ思いました。

また、

『こういうプロ意識を下請けの方々一人ひとりが持ちながら、連係して作業しているんだな』とも思いました。


このような現場を私自身直面して、

『絶対、いい建物が建つ』

『絶対、安心できる』


と確信を持つことができました。

今でも、

あの雨に打たれながら、

傘を放り出して、

黙々と作業している大原社長の姿を思い出すと、

胸が熱くなります。

一生忘れることはできないでしょうね。



新しくできる、よつば乳児保育園<西町園>は、
そういった一人ひとりの思いが込められた建物なのです


ご期待下さいexclamation×2 


ラベル:大原土建
posted by ヨシユキ at 21:33| 福島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。