…平成23年4月いよいよ開園!

2011年01月26日

よつば乳児保育園【 基礎工事 】その1


土台の上の、基礎部分に進んでいきます。
先に固められている土台の部分は、柱の立つ加重のかかる部分ですが、
その上に建物全体の加重がかかる基礎が作られていきます。

先の土台の上に、基礎部分のコンクリート中に入る配筋をしていきます。

11.18
PAP_0229.JPG
11.18
PAP_0230.JPG
11.18
PAP_0228.JPG

土台の上の部分には、アンカーボルトを配置しています。
アンカーボルトについての詳細説明は
コチラ
当園のアンカーボルトは、通常の規格より一回り太いものを使用しています。
アンカーボルト全体で地震等による引抜力を吸収できるよう十分なものにしているのです。
大地震でも倒壊の心配はありませんよ。

11.18
PAP_0235.JPG
11.18
PAP_0236.JPG
11.18
PAP_0229.JPG

さて、配筋が終わると
次は生のコンクリート(生コン)を流し込むための木枠をはめていきます。

11.18
PAP_0233.JPG
11.18
PAP_0232.JPG
11.18
PAP_0231.JPG

こんな感じが
11.18
PAP_0234.JPG
こんな感じに
11.20
PAP_0197 (2).JPG
11.20
PAP_0195.JPG
11.20
PAP_0198 (2).JPG
11.20
PAP_0200 (2).JPG

この木枠の中に生コンを流し込んでいくのです。
11.20
PAP_0203.JPG
11.20
PAP_0201 (2).JPG

生コンを流し込んで乾いてきたら、
前述の土台の時のように
木枠をはずしていくのです。


それでは、乾くのをお楽しみに!!!



posted by ヨシユキ at 18:43| 福島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。