…平成23年4月いよいよ開園!

2011年01月26日

よつば乳児保育園【 土台作り 】その3


11月2日(火)

コンクリートの部分が固まって

鉄骨を置いて

木枠で囲んで

さらにその部分に生のコンクリート(生コン)を流し込んでいく流れとなります。

11.02
PAP_0052.JPG
11.02
PAP_0051.JPG
11.02
PAP_0050.JPG
11.02
PAP_0048.JPG

生コンを流し込む前に
設計士立会のもとに、配筋検査を行います。
配筋検査の詳細説明は
コチラ
11.04
PAP_0049.JPG
11.04
PAP_0047.JPG
11.04
PAP_0046.JPG

いよいよ生コンを流し込んでいきますが
その前に、流し込むセメントの検査です。
成分や水分の量などを現場で確認し、適正かどうかを再確認します。

11.04
PAP_0038.JPG

次に、生コンをミキサー車からポンプ車?へ注いでいきます。11.04
PAP_0037.JPG

ポンプ車?はこんな車です。かなり長いアームですね。11.04
11.04
PAP_0044.JPG
11.04
PAP_0042.JPG
11.04
PAP_0041.JPG

ポンプ車のホースから生コンを木枠の中に流し込んでいきます。
11.04
PAP_0036.JPG
11.04
PAP_0032.JPG

ブルブル振動する棒を差し込んで、
中に入った空気を抜いたり、生コンを均等化していきます。

11.04
PAP_0033.JPG
11.04
PAP_0034.JPG

続いて、トンボを使って上から押して全体を圧しながら整えます。
11.04
PAP_0030.JPG

最後に、表面をコテで平らにしてキレイにしていきます。まさに職人芸ですね。11.04
PAP_0031.JPG

そして、乾かして固めます。
お天気が良いと予定の日にちで工事が進めることができますが、お天気が悪いとなかなか固まらないため、工事が遅れてきます。今回は良いお天気でしたので安心しました

11.05
PAP_0029.JPG
11.05
PAP_0028.JPG
11.05
PAP_0027.JPG



posted by ヨシユキ at 12:09| 福島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。